プラ大工のよれよれ模型道

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに城絡みのおハナシ

<<   作成日時 : 2009/12/22 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

もともと、大坂冬の陣図屏風に描かれた大坂城天守のスクラッチから始まったこのブログ。
ここのところすーっかり普請が滞って・・・ いや、天守本体は、既に殆ど出来上がっているのですが、
細部の仕上げやら天守曲輪の塀やらにちんたらして・・・ というか、今年は殆ど車ネタに向きっぱなし
でした、すみません。

しかし、そんな腰抜けプラ大工が久しぶりに熱くなったのが、先日NHKで放送された「新発見 大坂図
屏風の謎」という番組(関西ローカルの放送だったようですが・・・)

画像

番組では、大坂夏の陣で全てが灰燼に帰したはずの豊臣期大坂城の建造物の中で唯一、今日現存する
ものがあるというお話が・・・ 
琵琶湖に浮かぶ竹生島・宝巖寺の唐門、これが何と山里曲輪の水堀に架けられていた極楽橋の遺構だと
いうのです。いやあ興奮しました。
実は、番組の主役たる新発見の「大坂図屏風」自体は、そこに描かれている大坂城が結構稚拙(特に天守
の描写には史料的価値を感じないなあ)なので、あまり関心が持てなかったのですが、CG再現された極楽
橋の結構とそれが現在宝巖寺の唐門として残されるに至った考証については納得させられてしまいました。

来年は、早々に竹生島に詣でて桃山建築の真髄に触れることで、ちんたらした普請現場(・・・って自分のこと
やん)に渇を入れんとあかんなと思うプラ大工でございます。

’76型312T2で明け、312T(やっぱり買いましたがな)で暮れる2009年。

画像

いやあ、これでもう、車ネタに関しては永年の夢がかないましたしね。来年はとにかく天守完成、それから
何を作ろうかな・・・ やっぱり・・・熊本城?ん〜

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに城絡みのおハナシ プラ大工のよれよれ模型道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる